VS Codeで拡張子ごとの関連付けを設定する

Visual Studio Code便利ですね!
ただ、特定の拡張子は指定の拡張機能で開いてほしい時があります。
Elasticsearch用のjsonファイルは「Elasticsearch for VSCode」で開いてほしいです。
毎回左下のボタンでjson → Elasticsearchに切り替えてもいいのだけど面倒。
同じように hive用のsqlとかそういうことは稀によくある。
そんなとき僕は拡張子を、「.es.json」とかにしている。
ただのJSONではなくて、es用のjsonだよ言う意味。
hiveは「.hive.sql」だったりします。
これらを自動で指定の拡張機能(シンタックスハイライトとか)で開くように設定します。

設定方法

ファイル → 基本設定 → 設定 を開く
右側の「ユーザー設定」に拡張子とプラグインの対応設定を追記する。 「files.associations」というキーの中に書いていく。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
{

/* このへんに既存の設定があるはず */

"files.associations":
{
"*.es.json": "es",
"*.hive.sql": "hive-sql"
}
}

ファイル名は米印「*」でワイルドカード

おまけ

  • Elasticsearch for VSCode ってプラグインは、 ここからElasticsearchに対してクエリを発行できるので便利!!
  • files.associationsに指定する名前がわからないときは、「言語モードの変更」を出すと一覧で出ます。

参考